人材教育界の猛犬、HBRで吠える。

by tanabe on April 12, 2007

HBR May 2007に場違いなすてき記事が載っていた。主役の名は Larry Winget. 人呼んで「人材教育界の猛犬」

この時点ですでに少しおかしい。誌面ではさらに写真が載っている。これがまたおかしい。

こんなかんじ。けして週刊プロレスとかを読んでたわけじゃない。

では四の五の言わずに語録を。

  • 「社員が最低なのは、お前ら経営者や管理職が最低だからだ」。そう言い放った瞬間、聞き手にとって現実的(リアル)な問題になるのです。
  • 「お前らをいい気分にさせて、きっとよくなるから頑張りましょうなんて言うのは、もううんざりだ。よくなろうという気のある奴は、放っておいてもよくなる。その気がない奴は他人の邪魔をしないで、引っ込んでろ」
  • 「業績が悪いのは、だれのせいでもない。お前ら自身の責任だ。お前らがそのような結果を招いたんだ。客が悪い、ウォルマートが悪い、景気が悪い、共和党が悪い、民主党が悪い。いくらでも他人のせいにすればいい。いいか、これだけは言っておく。同じ業界のなかに成功している企業があるならば、そいつらにできることがお前らにできないわけがない」。

歯切れのよい言葉を読んでいても気持ちがいいが、実は単なるパフォーマーに終わらず良いことを言っているのが本文を読むとよくわかる。

現状がぬるま湯ではなく、危機的状態だということを認識させること。そしてそこから抜け出すための覚悟を決めさせること。という辺りの話は三枝匡さんの「V字回復の経営」を思い出した。

「ソースコードが最低なのは、だれのせいでもない。お前ら自身の責任だ。お前らがそのような結果を招いたんだ。Dave Thomas や Kent Beck にできてお前らにできないわけがない。」とか吠えてほしい。

Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2007年 05月号 [雑誌]

ダイヤモンド社 (2007/04/10)
売り上げランキング: 190
V字回復の経営―2年で会社を変えられますか
三枝 匡
日本経済新聞社 (2006/04)
売り上げランキング: 2450


この記事へのトラックバック
INTER-GATE運営事務局です。 □いろいろな原価 ※写真はイメージです。 ...
第110回目はネットのお役立ち情報??知らないよりも知ってた方が人生は豊かだ【INTER-WEB】at April 12, 2007 20:40
Larry Winget という人のインタビューが Harvard Business Review 日本語版5月号に出ているそうだ。
A conversation with Larry Winget on HBR【M. Yamanari's Blog】at April 14, 2007 23:11