高橋メソッドのメソッド具合

by tanabe on June 16, 2005

ちょっとどうしても気になったのでエントリしてしまうんですが、高橋メソッドって、もしかして皆本気で注目をしていたのでしょうか?本気というのは、まともにプレゼンで使ったろーって意味で注目されているのでしょうか?

なんでいきなりそんな話かというと、fladdict.net/blogさんでマジ考察をされていたもので。

いや、今まで皆様ネタで喜んでるのかと思ってたんで気になってしまって。

あれ、もしかしてエントリ起こした時点で釣られてます?

 

まぁ、それはそれとして、

高橋メソッドの長所
・展開がスピィーデーィ
・常に注目すべき点のみを表示できる
・インパクトが強い(集中力を喚起できる)
・簡潔

高橋メソッドの短所
・視聴者のフォーカスが常に現在位置のみ集中する。
・ゆえに話の前後関係が見失われやすい。
・図がない
・ページ数がやたらと増える。
・パワポを配布資料にできない。
・ふざけてると思われる

その他
ノートのとりやすさは、ちょっと実際に体験したことがないので、よくわからん。

こういうのこそ、高橋メソッドでつらつらと流すのに向いてますよね。

読みながら、ついつい脳内で自動変換されてました。



この記事へのトラックバック
前回の高橋メソッド改 メモのエントリに、 満足せる豚。眠たげなポチ。のtanab...
高橋メソッドの実戦投入とかを真面目に考えてみてるよ【fladdict.net blog】at June 16, 2005 21:30
高橋メソッドという言葉を聞いた事はありますか?従来型のプレゼンテーション技法は、一つのスライドにグラフや説明文が混在し、かつモノによってはフォントも小さくなってしまうことがよくあります。
高橋メソッド【現役コンサルタントが語る!IT業界の裏話】at July 01, 2005 13:44
この記事へのコメント
こんばんは
いやー、あれはマジ考察でした(汗

一般的なパワポのプレゼンというのは、情報の列挙や俯瞰に特化をしていて、個々の事柄に注視するメソッドがないなぁ、と思ってたので、そこを高橋メソッド的な何かで補完できないかなぁと。

いや、派手にスッ転ぶ可能性もかなり大ですけど(笑
Posted by Taka at June 16, 2005 19:04
こんばんは。

やっぱりマジ考察ですよね。
しかも、実際に作られたようで。拝見しました。

注目集めたいときのギミックとして、従来型の合間に入れるのは
意外と行けそうですね。面白かったです。

高橋メソッド独特のリズミカルなかんじを生かしつつやろうとすると
従来型との混ぜ具合が課題になりそうですね。
今度、洒落になりそうな場を選んで使ってみようかな。
Posted by tanabe at June 17, 2005 05:15