Google Maps は思い出を映すMemory Maps.

by tanabe on April 16, 2005

Google Mapsを人に紹介するついでに、昔住んでいたことのある地域を散策して遊んでいたら、とてもぴったりなエントリをブログで見つけたので、ご紹介。

michael buffingtonの"Bring on the New Web"というエントリから。どうやらGoogle Mapsは'Memory Maps'と呼ばれることがあるらしい。

I just spent some time playing with Google's satellite maps and ended up dredging up a bunch of nostalgia. I can see why people are using it to create what are being called memory maps. When you see the images of where you've been, even from a thousand feet up, it all comes flooding back.

Google MapsのSatelliteはその新規性で各所で話題となっているが、こんな楽しみ方をしている人たちもいるらしい。

たしかにGoogle MapsのSatelliteモードは、家々が一軒一軒判別できるくらいまでZOOMをすることができる。過去の自分の思い出の地を見て回る人が出てくるのも自然なことだろう。

とくにおもしろいなぁと感じたのは、この現象は「郷愁」というアナクロな感性から生まれているものだということ。Google Mapsという旬の技術を使って、こんな生かし方があったんだなぁと妙に感心してしまった。